借金の減額は可能

MENU

借金の減額は可能なのか?

 

一般家庭では収入が減っているご時世なのに、税金や支出は増える一方ですので、借金をしている人も少なくないようです。

 

もちろん一時的な出費で借りるのであれば問題ないですが、あまりにも借りている金額が膨れ上がってしまったケースでは、借金問題を早急に解決しないといけません。なぜなら借金の利息がどんどん上昇していくからです。

 

そんな中、借金解決を調べていくと、借金を減額できるという言葉を耳にしたことがある人は多いかもしれません。

 

そこで借金の減額について検索していくと、弁護士などに依頼して、減らしてもらうように話し合いをするということではないようです。では一体どういうことなのでしょうか?

 

実は借金に関しては、利用制限法と出資法という利息の仕組みがあります。

 

特に消費者金融を利用しているケースにおいては、利息制限法と出資法の間のグレーゾーン金利でお金を貸し付けているというケースが目立つようになってきました。

 

そのため金利に差が出てくることになります。

 

今では考えられませんが、消費者金融では、29.2%でお金を貸している時代もありました。とは言っても、つい最近のことですが・・・、ちなみに闇金はもっとすごい数字になっています。

 

しかし法律も変わりましたので、実際の利用制限法で計算していくと、年15%までと決められています。つまり利息に大きな差が出てくることになります。

 

この大きな利息の差というのは、当たり前ですが払わなくてもいい利息になりますので、請求することで返ってくるお金になります。つまり膨れ上がった借金を減らすことができるということになります。

 

ただし司法書士や弁護士に依頼する必要がありますので、手数料はかかってきますが、金額次第ではかなり得をすることになります。この仕組みですが、払いすぎている利息分を返済してもらって・現在残っている借金から引くことで、借金が減額されるということになるのです。

 

ですので、辛い状況の中でも消費者金融によっては利息を払い過ぎているケースもありますので、過払い請求をすることで、借金の減額が可能となる可能性は大きいと言えるでしょう。そこで、まずは弁護士などに無料相談をしてみることをおすすめします。